欲しい日に間に合う?納期で選ぶ!

オリジナルシャツの注文は納期に注意



オリジナルシャツを作成する場合は、納期までの期間に注意して業者を選択しましょう。特に、イベントにあわせてオリジナルシャツを作成したい場合は、納期の確認は必須です。まず、納期までのスケジュールは、シャツを作成する会社のHPに記載されているので、まずはそちらを確認しましょう。また、多くの会社では見積もりを受け付けているので、その際に納期までの期間を聞いてください。納期までの期間は、シャツの枚数だけでなく、プリントやデザインによっても異なります。

例えば、デザインがすでに決まっていて、プリントしたいイラストやロゴをパソコンに取り込んでいる場合は、見積もりの段階ですぐに納期までの期間を出してくれます。複雑なプリント技術が必要だったり、ある程度の枚数を作成する場合は、その分だけ納期までの期日が伸びます。他方で、デザインから請け負ってくれる会社もあります。デザインのイメージを伝えると、要望に沿ったイラストやロゴを提案してくれます。しばらくやり取りをしたあと、見積もりを取るという仕組みになっています。ただし、デザインを決めるまでの時間が必要になるので、こうしたシステムを利用する場合は、納期までの期間がさらに長くなります。

イベントにあわせて早めに注文しよう


学校のクラス単位での文化祭や運動会では、多くのシャツが必要になります。また、サークルや、会社でのイベントも同じく、たくさんのシャツの作成が必要になります。イベント日があらかじめわかっているなら、できれば一か月以上前から準備しましょう。オリジナルシャツを作ることの合意や、デザインのイメージをあらかじめ共有しておく必要があるからです。だいたいの総意が得られたら、責任者がすぐに準備に取り掛かってください。なるべく早く、見積もりを取ることをおすすめします。

ポイントになるのが、完成したシャツの納入先です。オリジナルシャツを作る会社のほとんどが、シャツの納入先の指定に対応しています。例えば、学校のイベントであれば、学校の事務室に搬入したり、教室まで持ってきてくれることもあります。ただし、こうした対応も会社によって異なるので、利便性の高い業者を選ぶようにしましょう。さらに、料金の支払いについても、必ず確認してください。ほとんどの場合、料金の納入先がシャツとともに送られてきますが、業者によっては前払いが必要なこともあります。費用についても、あらかじめ周囲と話し合っておきましょう。納期に間に合わせるためにも、料金の確認は必須です。

オリジナルトレーナーとは、自分で好きなデザインを決めてトレーナーを作成することを言います。オリジナルTシャツやトレーナー作成専用のサイトもあり初めてでも簡単に作ることが出来ます。